髭脱毛のトラブルを防ぐ!保湿などアフターケアが重要!

髭脱毛を受けると肌トラブルを起こす人がいます。レーザーで脱毛をするとしても、肌が炎症を起こしてしまう可能性は否定できません。特に肌が弱い人はしっかりとしたアフターケアが重要になります。施術後の行動次第でトラブルは防げるでしょう。

ここでは髭脱毛後に起きる肌トラブルや、対策として私が実践したことなどを解説していきます。

施術後に起きる肌トラブル

髭脱毛では施術後にトラブルが起きる可能性があります。髭脱毛は基本的に安全です。しかし、施術後のケアをしっかりしないなどの原因でお肌へ影響が及ぶのです。施術後に起きるトラブルとしてあるのが、肌が赤くなることです。

施術でレーザー照射すると、肌の一部が熱を持つ状態になります。熱はすぐに下がることが多いのですが、体質によってはなかなか下がらないこともあります。そうなると、肌が赤くなってしまい、数日続くことがあるのです。

肌が弱い人などは様子を見る必要があるでしょう。他には肌が焼けたように痛むというケースです。髭脱毛の場合は毛が太く熱が発生しやすいです。そのため、火傷をしたときのような痛みを感じることがあります。ヒリヒリしたり、痒くなったりするというのも焼けたあとの肌に見られる症状です。

痒いからといってかきむしったりすると悪化するので注意が必要です。もう一つあるトラブルはニキビや赤いぷつぷつができるパターンでしょう。毛包に細菌が入り込み、細菌感染してしまうとこのような症状が起きます。特に髭脱毛では太い毛を取り除くために、毛穴に細菌が侵入しやすくなっています。

脱毛後に汚れたままにしていると、細菌は傷口に入ってしまうのです。

アフターケアには保湿

肌トラブルを防ぐにはアフターケアとして保湿をしっかりすることが重要です。施術後は肌にあった水分が飛んでしまい、水分量が減っています。保湿をして水分を元の状態に戻すようにする必要があるのです。施術後は特に水分量が下がりやすいタイミングで保湿しましょう。

入浴後、睡眠前、洗顔後などに保湿をすると効果的です。また、乾燥しやすい季節であれば、タイミングを見て保湿してもいいでしょう。乾燥肌になることを防ぐのが目的なので多すぎてもいいのです。

このような保湿ケアをするときには化粧水を使う人は多いかもしれません。水分量を高めるという意味では化粧水は有効です。しかし、化粧水と一緒に保湿クリームを使うとより効果的になります。化粧水で水分が補充でき、保湿クリームで潤いを保つイメージです。

どちらも保湿ケアをするときには欠かせないものですので、両方を行うと効果を高められるでしょう。私は1日3回化粧水と保湿クリームを塗るようにしていました。

髭脱毛を行った直後は化粧水を塗ることで水分を補っていました。

保湿をしないと痛みが強くなると聞いていたので、なるべく肌を乾燥させないようにしていたのです。

合わせて読む:髭は脱毛クリームでも脱毛することができる?髭脱毛と脱毛クリームについて解説!

髭脱毛後は日焼けを避ける

脱毛をしたあとは肌が熱を持っているため、日焼けをするとさらに火傷を促進するようなものです。ヒリヒリしていた肌がさらに痛くなる原因になります。無防備に日に肌をさらすと、やけどのような痛みに発展することもあります。

また日焼けで痛みが広がるだけではなく、脱毛のサイクルを遅くする可能性もありえます。肌が黒くなってしまうと、施術を行ってもらえないのです。私はアフターケアとして、施術後はなるべく日に当たらないように気をつけて生活していました。

冷却ジェルで冷やした後とはいえ、肌が敏感になっているからです。曇りの日も油断大敵です。

熱い風呂などには入らない

アフターケアとして施術後は熱いお風呂に入らないことも大切です。きにせずに熱い風呂やサウナに入ってしまうと、熱を持ったままの肌が荒れてしまう可能性は高いです。肌の熱が下がってからなら問題はないでしょう。私は熱い風呂を避けて、温度を下げた冷たいシャワーを浴びるようにしていました。

冷たいシャワーでもヒリヒリすることがあるので、注意しながらゆっくり試してみてください。また、サウナには痛くて入ろうとは思いませんでしたが、人によっては日課になっている人もいるでしょう。髭脱毛をした日などはサウナを止めて、シャワーだけにしておく方が無難です。

施術してすぐに毛抜きや髭剃りをしない

施術を受けた後に髭を剃る人もいます。アフターケアとしては毛抜きや髭剃りなどはしない方がいいでしょう。肌のバリア機能が低下しているため、肌が敏感になっているからです。カミソリの刃は敏感になった肌を刺激してしまい、ひりひりする原因にもなります。

また毛抜きも施術後の厳禁行為です。色素沈着や赤くなる原因になるからです。さらに次回以降の脱毛効果を下げることも考えられます。私は施術直後に髭剃りを間違えてしてしまい、痛い思いをしました。結局途中で止めてしまったのですが、厳禁の理由が分かりました。

肌を清潔に保つ

施術後の肌は細菌感染を起こしやすくなっていますので、清潔に保つ必要があります。単純に汚い手で顔を触るだけでも細菌が入り込むこともありえます。手洗いなどを徹底して、清潔な生活をすることが求められます。私は手洗いなどを徹底するだけでしたが、十分に効果がありました。

気を付けるだけでも清潔にできることも多いです。

飲酒を控える

施術後は体温が上がるのは避けた方がいい行為です。飲酒をするとアルコールにより体温が上がり、肌の赤みの原因になる可能性があります。施術後は飲まないよう気を付けましょう。飲む予定が入っていたとしたら、ジュースなどを飲むようにしてアルコールを避けることが重要です。

私はお酒が大好きでしたが、施術日はアルコールを避けました。一度間違えて施術日に飲んでしまい、顔が真っ赤になったことがあったからです。一緒に飲んでいた友人に驚かれたので、施術日には飲んでいません。

肌はできる限りそっとしておく

施術後は肌に触らないようにしましょう。かいてしまうと肌が荒れてしまう要因になります。癖でアゴをかく人は注意が必要です。何気なくかいた後に腫れてしまうことがあるからです。私は間違ってかいて痛い目を見たことが何度もあります。

注意しておくと余計なトラブルを防げます。

髭脱毛後のトラブルとアフターケアのまとめ

髭脱毛後には肌が荒れるトラブルを起こすことがあります。他にもニキビになるなどのトラブルも起こりえます。そのようなトラブルを防ぐためには、保湿などのアフターケアが重要になります。保湿以外には日焼けをしないこと、熱い風呂に入らないことなども重要です。

基本的に肌の熱を上げないようにすれば、肌をトラブルから守ることができます。